個人向け「新車カーリース」のメリットデメリット

車を買いたい! 買い換えようかな!?

という時に「リース」という買い方を考えたことがありますか?

 

特に、車を「残価設定ローン」で買おうかなと思っている方は、1度「リース」で買う方法を検討してみることをオススメします。

なぜなら、ローンで買うより断然メリットが大きい面があるからです

自動車リースのメリット

  • 新車に頭金なしで乗れる
  • 自動車税、車検費用、点検費用がかからない
  • 毎月支払いは一定額
  • 5年後に返却可能(買取の義務なし)

どうでしょうか? 詳しくみていきましょう。

リースのメリット1:車の経費を毎月一定にできる

高い「車検代」や「自動車税」を払う必要がありません!

「あー、今月車検で15万円!」

「う、自動車税、今月39,500円!」

車を持っている人なら1度は経験したことがある「突然の出費」

毎月の家計から突然の出費は痛いですよね。そのためにフリーローンや、キャッシングなどをした経験がある方もいらっしゃるのでは?

 

そんな方に安心なのがカーリース。

車をリース契約にすると、車検代、自動車税、点検などの費用がリース代にコミコミとなるのが普通。

だから、毎月の出費を一定に出来るので、家計が安心なんです! 

頭金も不要。好きな新車に乗れる!

ローンを組む時に必要な頭金も必要ありません。コレは大きいですよね。

また、新車は国産メーカーの全車種から選べる会社が登場していますから、好きな車に乗れます。

リースのメリット2:数年後に自由に返却が自由

残価設定ローンと違い、数年後に「返却自由」となる契約も! 

リース期間の設定の仕方は様々。

その中でも、一部の金額のみをリース対象とし、月々の支払いを抑えることができるカーリースが今、注目です。

現金払いや、残価設定ローン等との比較をまとめたので、下の表を順番に見ていただけますか?

車の買い方 支払い対象 税金・経費 メリット・デメリット
現金一括 車の価格全体

○金利がない

✖️最初にドカンと支払い

ローン 車の価格全体

○支払いを分散

✖️頭金や、車検代など大きな出費

残価設定

車の価格の一部

例:300万円のうち、100万円を据え置き

(注)残価100万円の支払い義務はアリ

○ローン額を抑える

✖️据え置いた残価設定分は買取、または再ローンが必要

✖️数年後売却の場合、査定額が残価設定額を下回れば持ち出しが必要に

リース

車の価格の一部

例:300万円のうち200万円だけ

(注)残100万円の支払い義務は無し

コミコミ

○毎月の支払いが一定

○総支払額が抑えられる

○リース満了後は、返却可能(常に新車に乗り続けられる)

✖️走行距離などに制限あり(例:5年間65,000km以内など)

どうでしょうか? 

  • 常に新車を乗り続けたい
  • 3年や5年毎にライフスタイルに合わせて車を変えたい
  • 毎月の支払いは一定額にしたい
  • 年間走行距離は、1.1万キロ以内

こんな方には、リース」がメリットが大きいんです!

 

買取や再リースも可能

リース期間終了後に、その車が気に入っている場合には買取や、再リースは出来ますからそこは安心できます。

まとめ

今、レンタカーやカーシェアなど新しい車の乗り方が増えています。一時的にしか使わない方にはレンタルは便利です。

しかし、「買い物や子供の送り迎えで毎日必要」「自宅の前の駐車場に車はおいておきたい」という方にとって車は生活必需品ですから、やはり自分で保有したいですよね。

そんな時、新しい車の買い方としてオススメなのが、カーリースです。

  • 車検代や自動車税などの負担がコミコミ
  • 毎月の支払いが一定額になり家計にやさしい
  • 数年後に返却して、新車に変えられる

こんなメリットで快適なカーライフを過ごしてみてはいかがですか?

人気記事:月5万円で「1億円」を作る方法とは?

▼無料セミナー「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください