サラリーマンの私が副業でeBayを始めた理由について

サラリーマンの副業としてeBayの輸出を初めてもうすぐ1年。(2020年4月現在)

この3ヶ月間の売上は149万円と、月平均50万円程に成長。
”トップレイティッドセラー”というeBayで信頼される販売者に与えられる評価がもうすぐ得られそうです。

この記事では副業としてのeBayの魅力と、始めた理由についてお伝えします。

eBay輸出副業の魅力とは?

国内の商品を海外に輸出して、お客様に喜んで頂く商売。

eBayはいわゆる”お買い物のプラットフォーム”です。

アメリカが本部のeBayの利用者数は世界で約2億人。日本ではあまり馴染みはありませんが、世界中の人のeBayを使って様々なジャンルの商品を購入しています。

そのeBayでは、”セラー”として登録することで、モノを販売する事が出来ます。これは日本にいても可能ですし、個人のサラリーマンが登録することも可能です。

そこで売るのは日本の商品で、かつ、海外では日本以上の高い価格で売れるものです。

しかも日本の値段の2倍、3倍、中には10倍以上で売れる商品も存在しています。

値段が高くても、それが海外の人にとって貴重でリーズナブルであればモノは売れていきます。

この日本の価格と海外の価格の価格差が商売のポイントです。

月に5万円〜、月100万円以上の利益も目指せる

私の現在の月の売上は平均50万円利益では約10万円というレベルです。(2020年3月現在)

これeBayのセラーの中では少ない方だと思います。徐々に徐々にゆっくりと伸ばしてきており、ここからさらに伸ばしたいと思いますが、毎月安定的に利益が増えていっているのは楽しいです。

先輩セラーの方々と交流する機会もありましてお話を聞きますと、月100万円以上稼いでいる方も多く、完全に事業レベルで経営している方も多いです。

キャッシュフローが健全な形で事業を伸ばせる

eBayの魅力はキャッシュフローにあります。

決済はPayPalというサービスを使い、海外の方が購入した資金は、売れた時点で即セラーのPayPal口座に振り込まれます。(※セラーとして始めたばかりの時は、eBayが一時的に商品を出荷するまで売上を留保し、顧客の資金を守る時期が続きますが、ある程度販売実績を積むと、即セラーに振り込まれるようになります。)

例えばヤフオク!で販売すると、商品が買い手に届いて、買い手から受け取り連絡があって初めて売上金を受け取れるので、そこにはタイムラグがあります。

それに対してeBayでは売れた瞬間にお金が入ってきます。

このサイクルが早いので安心してビジネスを進めることができますし、場合によっては、商品の仕入れを売れてから行えば、在庫を大量に抱える心配がなくなります。

やりとりが結構楽しくて簡単

この辺は人によると思うのですが、外国人のバイヤーから問い合わせが結構入ってきます。

機会的にボタン1つで反応する事も出来るようになっているのでストレスはあまりありません。

例えばOfferといって、「この商品をいくらで買いたい」という値下げ要求が入ってくることは多いです。eBayのアプリを使っていれば、

  • Decline:ごめんなさい、それはできません」
  • Make Counter Offer:いくらなら大丈夫です、●ドルはどう?
  • Accept:了解

というようにボタン1つで返すことができるんですね。

また最近はすごいのがGoogle翻訳の力です。ちょっと込み入った内容やトラブルがもし起こった場合でも、日本語をGoogle翻訳に入れれば綺麗な英語を作ってくれますから、それをコピペすればOK。相手からの複雑な英語メールも簡単に翻訳してくれます。

eBayの場合のやりとりは結構カジュアルで

  • バイヤー:Hi, can you send it for Canada? (こんにちは、この商品カナダに送ってくれる?)
  • 自分:OK, No problem. Shipping Fee is USD$15. Thank you for your understanding! (大丈夫問題ないよ。送料は米ドルで15ドルね。いろいろありがとう!)

みたいな感じなので、英語が少しできる人ならやりとりは結構楽しいのではないかと思います。

eBay輸出がサラリーマンの副業に適している理由

海外向けでちょっとマイナーだけど稼げる事

言い方を変えれば、ものすごく多くの人がやっているサイドビジネスではない、けれど稼げるビジネスだという事です。

日本にライバルは一定数いますが、他の国内転売などをやっている人よりはずっと少ないです。また顧客数は世界中ですから当然国内向けより多いです。

覚えれば簡単ですが、でも英語が絡んでくるし、商流が少し長いのでちょっとめんどくさいですよね。でも、サラリーマンの方で、

  • コツコツやるのは得意
  • 輸出入や、物販について少し知識がある
  • 工程を組み立ててフロー化を作るのは得意
  • 外注を使ってスケールする仕組みが作れる

といった方にとっては逆に物凄くチャンスのビジネスで、規模を拡大することが可能になります。

つまり、需要>供給 の関係が作りやすくて、ビジネスとして成立しやすいという事です。

発送代行業社への依頼ができ、自宅でパソコン1台で完結する事もできる

海外への商品の発送は、郵便局の国際郵便を使います。

DHLやFedexなどもありますが一般の事業者が使うと制約が多く、コストも高いので国際郵便が一番です。

さらに発送代行業社が複数社あります。

発送代行業社を使えば、発送代行社に仕入先から商品を直送、そこから顧客に直送、という流れが取れますから、自分は商品を梱包したり郵便局に持ち込んだりしなくても、いいんです。

もちろん、小型のものや最初のうちは自分で作業をして行かないと段取りを覚えませんから、最初はご自身で発送することをオススメします。(私は今ではだいたい50%が自宅から、50%が代行社からというくらいのスタイルです)

外注の方やツールを使う事も可能なので、時間も効率化できる。

また出品などの作業は、外注のかたに業務委託する事も可能です。クラウドワークスやランサーズを使えば、自宅で作業してくれる方にお仕事を依頼する事ができます。利益がどのくらい出る、という事が見えてくれば外注さんにやってもらえることはお願いした方が効率が上がります。

さらに出品はツールを使えばもっと簡単に大量に出来る仕組みもあります。

ですので1日の中で、例えば夜の20時〜22時ごろはeBay時間として、顧客対応、売れた商品の仕入れと発送代行依頼、出品の追加、などを行なう流れを自分で作れれば、副収入を安定して作る事ができます。(ビジネス立ち上げ期は週末などを使い集中的に時間を使う事も必要です)自己発送するものは、週末や、出勤前に郵便局に持ち込み発送しています。

しかも続ける事で規模が増えていきますから、残業で稼ぐより、自分のビジネスを増やした方が将来性がありますよね。

コツコツ努力すれば利益は増えると判断

副業事業を始めたころ、俗にいう「転売」というジャンルは毛嫌いしていました。

  • 作業時間がかかる
  • 発送するのに郵便局などに行くのが面倒
  • ブローカー商売に嫌なイメージ

だいたいこんなところが理由で、物販・転売はあまり興味がなかったんです。

しかしよく調べて、そして今実践してみると、事前のイメージは思い込みであって全然間違っていた事に気付かされます。

必要としている方に、必要なものを届けて、正当に利益を頂ける非常に真っ当なビジネスです。

そしてコツコツ続けられる人にとってはこれ以上ないビジネスかもしれません。

まとめ

eBay輸出副業の魅力は大きく3点です

  • 需要>供給の関係が成り立ち、海外向けなので顧客数が多い
  • 仕組み化ができれば、労力はどんどん少なくなり、逆に売上・利益は増えていく
  • 必要な人に必要なモノを届けて喜んでいただける正当なビジネス

ちょっと複雑ですがやってみると楽しいのがeBayですよ。

人気記事:月5万円で「1億円」を作る方法とは?

▼無料セミナー「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください