株【クロス取引】のやり方|株主優待をお得にゲット!優待クロス現渡取引

 

「株主優待」の権利をほぼ手数料だけでゲットするやり方が「クロス取引」です。

 

この手法を使えば、人気の株式銘柄の「株主優待」の権利が、非常にお得にゲットできてしまいます。そのクロス取引とはどんなやり方なのか? 早速内容をご紹介します。

 

 

株【クロス取引】のやり方|株主優待をお得にゲット!

クロス取引とは? お得に「株主優待」を獲得する方法とは?

 

クロス取引とは、現物の買いと、信用売り(空売り)を、同じ株数・同じ値段で同時に行うことです。

これを使って株主優待の権利を取得する方法は以下の通りです

(1)株主優待の権利付最終日の取引前に、現物買い注文と、同数の信用売り(空売り)注文を、同時に成り行きで入れる。

成り行きで入れることで、買い注文・売り注文、同価格の始値で約定となります。

 

(2)権利付最終日が過ぎるまで、株を保有し、株主優待の権利を確定します。

(3)確定したら、信用取引を終了する。終了方法は「現渡」です。

信用売り(空売り)注文で売った株式の買い戻しを、最初に買っていた現物株を入れることで行います。

現物株の買値と、信用の売値は同額ですから、損益はゼロです。得も損もしません。

 

信用売り(空売り)とは?

証券会社から株を借りて、現物株がないのに株を売ることができる取引。通常は株価の下落局面の利益取りのために使われる手法。現物株がないのに株を売っているので、その株はあとで返さないといけません。通常は、株を先に「高く」売って、あとで「安く」買い戻すことで結果的に「安く買って高く売った」ことになるため、その差額が利益になるというように使われます。

クロス取引では、先に株を売って、あとで返す時には現物株を市場で新たに買うのではなく、先に買っておいた株式を「現渡」方法で返すことで終了させます。

 

何故わざわざ「クロス取引」を使うのか?

 

株主優待の権利最終日に向けて、多くの投資家が株を購入しようと買いが入り、株価は高くなりがちです。その後、権利付き最終日を過ぎると、株価は低く下がっていく傾向にあります。そのため、現物株を保有して株主優待権利を得る方法だと、その後に株価が下落してしまい、株主優待権利の内容よりも、株価下落によるマイナスの方が大きかった、というようなケースになりがち。よって、クロス取引を使えば、そのデメリットが解消されるのです。

 

クロス取引のデメリット・注意点

信用取引の口座開設が必要

口座開設自体は無料でできますが、あらかじめ設定しておかないとクロス取引自体ができませんから、準備しておきましょう。

 

配当金は、信用売りの際のコストで相殺されてしまう

現物株保有分の配当金がありますが、クロス取引のための信用売りを行う際に「配当調整金」として信用売り段階で配当相当金を支払わないといけないことになります。そのため、実質的に配当金分の収入はゼロです。

 

長期保有が条件の株主優待の権利はない

株式銘柄によって、保有期間に応じて優待権利が違う会社があります。こういった企業の優待権利は取得できません。

 

制度信用取引を使うと「逆日歩」(手数料)が発生する可能性あり

多くの人が信用取引を利用すると、株調達のための手数料が多くかかり投資家が負担する必要が出る場合があります。厄介なのはいくらかかるのか、翌日にならないと分からない点です。

これを避けるには「一般信用取引」で売りを入れることです。貸株料は多少高くなりますが、逆日歩は発生しないのが一般信用取引なので、不安な方は一般信用取引を活用するのが良いでしょう。

 

まとめ

クロス取引とは、株主優待の権利をお得に得るために、現物買いと信用売りを同時に入れて、後日、信用売りを終了するに、現物買いで買った株式を「現渡」することで取引を終了するという取引となります。

複雑ではありますが、しっかり行うと、株主優待権利が手数料だけで取得でき、現物株取得で出る株家庭科のリスクを回避することができます。

株主優待にこだわって取引する場合には活用してみましょう!

 

皆様の投資の成功を心よりお祈りいたします!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください