平日仕事のサラリーマンが株で成功する為の「時間を味方にする」方法

 

平日仕事しているサラリーマンで、投資家として成功している人はどんな時間の使い方をしているのか気になりますよね。

投資家として成功するには、1日の中での短期的な時間の使い方と、1ヶ月、1年、2年という長期的な時間の使い方の両方を上手く組み合わせて、時間を味方にする事が必要なのです。

 

1日24時間という時間は、平等に人間に与えられているものなのですが、その使い方次第で、本当に結果に差がついてしまうもの。

この記事では、どのような時間の使い方をすれば、サラリーマンが投資家として成功できるのか、そのポイントを解説していきます!

 

平日仕事のサラリーマンが株で成功する為の「時間を味方にする」方法

そもそも、証券取引所で取引できる時間は? 

 

証券取引所では平日の午前中と午後に株の取引が可能です。

午前:9時~11時半(前場)

午後:12時半~15時(後場)

が取引時間です。この取引時間を「ザラバ」と呼びます。

 

上記のザラバの時間帯であれば、リアルタイムに市場で株の売買が可能となります。しかし、平日仕事のサラリーマンの方は、この時間は基本的に仕事中であるので取引はできませんから、1日の時間の使い方を工夫する必要がある訳です。

 

ちなみに、SBI証券のPTS(私設取引システム)を使うと、17時〜24時もリアルタイムの取引が可能です。また、株の注文そのものは、インターネットから24時間注文予約可能です。よって、この夜間の時間帯を有効に活用することで投資を有効に行う事が出来ます。

 

デイトレードか、スイングトレードか、長期投資か? 投資方法によって1日の時間の使い方を変える必要がある。

 

まず1日の時間の使い方は投資方法によって変えていきます。

デイトレードの場合は、朝の9時前の時間帯と、11時半〜12時半のお昼休みを有効に使う事ができればサラリーマン投資家でもトレードは可能です。戦術としては「逆指値」注文を上手く活用し、自動売買で利益を確定していく方法を使います。特にカブドットコム 証券が提供する「W指値」のように、利益確定と損切り、両方を設定できる自動売買方式がオススメです。

9時半始業の方であれば、9時〜9時半の間にエントリーして、同時に逆指値による利益確定注文と損切り注文を同時に入れてしまえば、あとは自動で売買が成立します。後場であれば、12時半〜13時の昼休みの間にエントリーし、同様に逆指値で注文を確定します。デイトレードでは利益水準は+1%など小さい額で確定する事が通常ですから、早ければ10分等で1日の取引は終了という場面もあるでしょう。それで良いのです。

 

スイングトレードや長期投資の場合には、分析は夜間にじっくり行い、エントリーや利益確定決裁の時だけ、朝方等に注文を入れていくようにすれば大丈夫ですし、夜間に注文を入れても良いでしょう。

 

投資家は早起きが多い。情報取得のタイミングを有効に使う事でチャンスに強くなる

 

1日の時間の使い方としては情報取得のタイミングを有効に活用しましょう。特に早朝の時間帯は情報の宝庫です。前日のNY市場の値動き等からの傾向は早朝に入手する事で今日の相場にどのような影響が出るかを予測します。また、朝には各種情報サービスが、今日の取引に関係する材料を提供してくれますから、メルマガなどに登録しておいて情報入手して取引に生かすのが懸命です。

 

決算発表も株価には大きな影響を及ぼします。通常は後場がひけたあと、15時や16時に発表になるケースが多いです。また企業の不祥事や新製品の発表などのリリース関連も同様に株価へのタイムリーな影響を避けるため15時以降のリリースが多いです。よって、夕方の時間帯は企業情報にも着目していきます。

 

夜間はチャート分析のチャンスです。日足のローソク足を基本として日々、保有株の値動き、出来高、業界の値動きなど、できれば時間を決めてチャート分析を行うことで相場観が養われていきます。

 

月曜から金曜までの曜日ごとの時間の使い方に精通する

 

日本の月曜は世界の中で最初に開く市場となります。週末に米国や欧州で大きなニュースがあった場合には月曜の朝は要注意です。

金曜は機関投資家や大口ファンド等の資金が市場で持ち越さないために決裁される事が多い曜日です。だから必ず下がるという訳ではありませんが影響は少なからず出ますので、取引量の少ない株式等を売却する際などは、金曜日の午後は避けたほうが無難かもしれませんね。

 

サラリーマンが成功するための時間の使い方の1番のポイントは「複利」を有効に使う事にある。

時間の使い方で最も有効なのは、長期的に「複利」を活用して資産を形成していくことにあります。株式投資での騰落率は、1日あたり、一ヶ月あたりで見たときにはプラス幅が小さくても問題ないのです。それよりも利益がプラスになったものを原資にプラスして、翌日、翌月には原資を増やして、その上で利益率をプラスで出していきます。これを繰り返していく複利効果で元本を増やしていく事が極めて重要です。

 

2倍になるタイミングがわかる「72の法則」

72を増やしたい割合で割ると、資産が倍になるタイミングがわかります。例えば、月利で騰落率8%で増やす事が出来た場合、72÷8=9ですから、9ヶ月で資産が倍になるという事です。これを目安に資産を複利で増やしていくことを心がけましょう。

 

まとめ

サラリーマン投資家が成功するためには、短期的な時間の使い方と、長期的な時間の使い方の両方を有効に活用するのが重要です。

 

1日を有効に活用して日々利益を増やすだけでなく、それを複利の概念で毎月、いや毎年資産形成を図っていったとすれば最初は辛いかもしれませんが、そのうちに、この「複利パワー」に信頼を寄せていただけます。

 

サラリーマン投資家として益々頑張ってまいりましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください