お金を増やす株の儲け方|初心者でも出来る短期売買とバリュー株投資

 

株でお金を増やすなら、短期売買(トレード)を積みかさねてお金を増やすか、近い将来上がる株(バリュー株)を保有して中長期投資でキャピタルゲインを得るか、方法は大きく2択です。

この記事では、短期売買とバリュー株投資、それぞれ「どんな人に向いているのか?」「具体的にはどうするのか」をご紹介していますので、株でお金を増やす方法が理解できます。

やり方をイメージして、お金を増やす株式投資の2つの方法のうち、どちらが自分に合っているのか理解したら、さらに深掘りしていくことで成功に近づくことができます! 

早速紹介していきましょう!

 

お金を増やす株の儲け方|初心者でも出来る短期売買とバリュー株投資

株式投資でお金を儲ける基本的な考え方「安く買って高く売る」

株で儲ける基本は安く買って高く売ることです。シンプルに言えばそれにつきます。株価に定価はなく、日々変動しています。その変動を捉えて安く買って高く売ることができれば利益が出るということになります。

となると、「どうすれば安いポイントで買えるのか?」という事が論点となりますよね。

そこで、大きく2つの見方が登場します。短期相場の中で高い安いを考えるのか、中長期の相場で高い安いを考えるのかという2つの視点です。

 

短期相場の中で株価の高い安いを判断していく「短期トレード」

1つの方法が短期相場の中で安くなっているポイントを狙う方法です。株価に定価はありません。日々の需給関係で価格が決まります。買いたいと思う人が多ければ価格は上昇していくものですし、売りたいと思う人が多ければ価格は下落していくのです。

短期売買では、その需給関係をうまく捉えて今は安いポイントであるということを判断し買っていきます。主に判断基準はチャート分析となり、テクニカル分析と呼ばれるチャートが示す株価の状態で判断していくのです。

日中時間が取れる人にはデイトレードで細かく投資することも可能です。サラリーマンやOLの方など、日中時間がない方は、夜間に分析して数日単位の株価変動を捉える「スイングトレード」と呼ばれる短期売買手法をマスターするのが良いでしょう。

中長期の相場の中で高い安いを判断する「中長期投資」

もう1つの方法は、数ヶ月から1年単位くらいの中長期の期間の中で、株価がどのように変動していくのかを予測分析して購入していく中長期投資の考え方です。

株価は企業業績と密接に連想しています。特に、企業の税引後純利益、つまり1年間の企業活動を決算した時に、その会社がどのくらいのお金を実質的に企業に残せたか?という稼ぐ力を示す「純利益」と相関しているのが株価です。

とすれば、もし純利益が今期より来期に増えていく会社の株式を保有する事ができたらどうでしょうか? よく企業が業績発表で業績の上方修正予想を発表し、その直後に株価が吹き上がるように上昇する事があります。あの現象を狙っていくわけです。つまり、未来に業績が上がり株価が高くなるであろう企業の株式を、まだ業績が上がりきっていない「安い時期に」購入して利益向上を狙う買い方です。

分析力がある方、特に企業業績や財務諸表を見ていくことができる方には向いている手法。毎日相場に向き合う必要はありませんから、サラリーマンやOLの方でも取り組めます。

 

初心者のうちは「安く買って高く売る」現物取引に徹するのが得策

ここまで「安く買って高く売る」ための戦略を大きく2方向解説してきましたが、実は「高く売って安く買う」という取引の順番を変えて儲けることもできます。これは信用取引の「空売り」という手法を使った考え方ですが初心者のうちはやめておいた方が良いので、あえてここまで触れてきませんでした。リスクについて詳しく知りたい方はこちらの記事でご確認ください。

現物取引とは、証券会社からお金を借りたりすることなく、あくまで自己資金の範囲内で買える株を購入し、それを売っていくという取引のことを指します。初心者のうちは信用取引を使ってレバレッジをかけると、失敗した時のリスクも大きくなりますから避けておいた方が無難。まずは現物取引に徹していきましょう。

 

お金を増やす株の儲け方|初心者でも出来る短期売買とバリュー株投資のオススメの方法

どちらの手法をとるにしてもポイントは「銘柄選び」。プロが分析している銘柄を選んで投資することで成功確率を上げていこう!

 

銘柄選びが成功すれば株取引は成功したようなもの。自分で市場を見て企業銘柄を選べれば最強なのですが、東証の上場企業だけでも約3600社(2018年末現在)あるのが現状の中で、適切な株式銘柄を分析してスクリーニングしていくのはかなり骨が折れる作業です。

しかも、現代社会はコンピュータ社会で、大手の機関投資家やファンドなどは、AIを駆使して市場分析し、AI主導の自動売買で株取引を行なっていますから、個人投資家がそうした市場で適切な銘柄を選ぶには戦略と技術が必要です。

 

無料で銘柄スクリーニングを行うならこのポイントで!

自分で銘柄選びをしていきたいという方へは具体的なポイントを紹介します。私自身も実践している方法ですので是非参考にしてください!

スイングトレードに適した銘柄が見つかるスクリーニング条件とは?|株|

システムトレードを活用し、分析を自動化していくのもあり!

様々な投資ロジックをシステムが分析してくれるサービスもあります。「イザナミ」は株式投資システムトレードの世界では利用者が多い有名なソフト。戦略ロジックも多数販売されていますので、少し高額にはなりますが取り入れていくことで成功確率をあげるのも良いでしょう。ただし、完全自動売買はできませんので、取引時代は自分で注文を入れていくことになります。

マネックス証券のトレードステーションを使うと、注文方法までも含めて取引を自動化することも可能です。これはプログラムの方法を学ぶ必要がありますが、有効に活用することもできますね。

 

 

まとめ

株式投資でお金を増やすなら、短期トレードか中長期の投資か、まずはスタンスを決めていく事が成功への一手となるでしょう。

どちらの手法をとるにしても重要なのは「お金を減らさないこと」。株式投資に100%はありませんから、もし銘柄選びを間違えて損を出してしまったら早めに損切りして次に向かうことです。投資資金を減らさないことを最優先して株式投資を進めましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

▼セミナーで学ぶ「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください