40代から地道にお金を増やす方法|ギャンブルはNG!賢いお金の増やし方

40代からお金を増やそう!とお考えの方の主目的は「老後に向けた資産形成」「日々の生活を豊かにすること」の2つではないかと思います。

私自身がそうでした。30代までは、もうがむしゃらに本業のサラリーマンの仕事をし、お金は職場の友人との飲み代などに使うという毎日で貯金は実は少なかったのですが、給与収入も毎年増えていたので気にならなかったのですね。でも、40代に入り給与の伸びが止まり、教育費用などの支出も増えていくと、「このままの資産状態では老後はまずい!」と思ったのが真剣に資産形成を考え始めたキッカケです。

そこで、お金のことを学び始めました。有料のセミナーに通ったことも多くありますし、自分で投資をして確かめたりしながら徐々に資産を増やしていきました。結果的に、今で本業+副業の年収4000万円を超えるまでになりました。

この記事では、筆者が実践している、地道に40代からでもお金を増やしていく方法をご紹介いたします。振り返ると本当に地道なことの積み重ねなので、地味な情報なのですが、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

 

40代から地道にお金を増やす方法|ギャンブルはNG!賢いお金の増やし方

  

まず始めに。お金を増やすなら「ギャンブル」は絶対NG!

 

自ら敗者になる必要はありません。

まず、お金を増やす方法として「ギャンブル」を選択しようとしている方は絶対やめるべき。間違いなくお金は結果的に失うことになるし、増やせたとしても一時的なもので、継続的にギャンブルで成功し続けることは難しいです。

なぜなら、胴元が必ず儲かる仕組みになっているのがギャンブルで、胴元が儲かるためには「敗者」が高確率で出現することが必要だからです。その仕組みの中に飛びこんで、あえて貴方が敗者になる必要はありません。地道にお金を増やすことに集中しましょう。

宝クジも買わない

「10億円が当たるかも!」と宝クジを買っても当たる確率はごくわずか。100%に近い確率で購入資金を失うことになります。それであれば毎月3,000円でも投資に回した方が確実にお金は増えていきます。宝クジを買ってお金を失うのではなく、着実にお金を増やす行動をとることが重要です。

もし、どうしても宝クジを買いたいなら「貯金を100万円増やしたら買う」など、お金を増やす行動を優先して実行してから購入してみましょう。きっと100万円増えた時には宝クジを買おうという気持ちはなくなっているはずです。

 

地道なお金の増やし方の基本は「支出の削減」〜まずは地道に支出を減らす事から始めよう。

お金を増やすには支出を減らして、収入を増やすしか方法はありません。

であれば、まず取り組むべきは支出の削減です。ただし、闇雲に安いものを買うように生活を切り替えるのではなく、計画的に支出を自然に減らす行動を取るのがポイントです。

固定費を減らす

まず見直すべきは毎月定期的に支出している項目。携帯電話料金、ガス、電気、水道、ケーブルテレビ、有料アプリ費用、新聞費用などを減らせないか考えて行動してみましょう。

有料アプリなどは必要性を見直して、不要なサービスの利用は月に数百円だとしても、この際やめてしまいましょう。利用を置き換えられるものは安いサービスに置き換えるのが良いです。例えば、楽天証券に口座を開設すると日経新聞の電子版にアクセスできます。これで新聞費用はゼロ円にできます。携帯電話料金なら格安SIMを使うことです。今どき、ドコモやソフトバンクの通常の料金を支払っているのは無駄でしかありません。電話はLINE電話やスカイプを使えば電話料金も無料です。このように、徹底的に固定費は見直していきましょう。

 

金利を減らす

もし借金があり金利を払っているとすれば、そこは見直すべきポイントです。特に金利が高いところで借りているものは、金利が安いものに切り替えられないか検討してください。借り換えによって支出を下げることができれば、これは実質的な収入増加です。

元金を一括返済してしまうのが一番ですが、それは中々難しいところもあるでしょうから、お金は借りたままでも払う金利を下げましょう。

ノンバンクでの借り入れよりは、銀行などの借り入れの方が支払い金利は低くなります。徹底的に調べていきましょう。

 

税金を減らす

節税を有効にすることも超重要です。確定申告をしていない人はまず確定申告を行い、所得控除枠を使えるものはしっかり使って還付金が得られないか研究してください。

また、家の買い替えをした人は不動産で一時的に損失が出ている状態になっている場合もあります。そのような場合には所得通算をすることで、課税所得を減らすことが可能です。

ふるさと納税も有効に使いましょう。これはお金を増やすというよりは返戻品をお得に使うのが目的ですが、中には返戻品が旅行券やギフトカードなどの事例もあります。こうなるとお金が実質的に増えていることになりますね。

 

「お得だから」と不要なモノを買うのはSTOP!

お金持ちは必要なものは買います。そこには高いから安いからというのは存在しません。一般的に高い商品でも自分が必要なものは買えばいいのです。ただし、お金持ちの人は、購入する際の「目的」を満たす以上の贅沢な買い物はしないモノ。有名な話として、マイクロソフト創業者のビル=ゲイツは、現役時代に飛行機の移動はエコノミークラスを使っていたというお話。移動が目的としたとき、ビジネスクラスやファーストクラスは不要だと判断してお金を使っていなかったということです。

反対に「お得だから」と購入している習慣がある人は要注意。お得でなければ買わなかったものを、お得だからと購入しているのですから、それは不要なものを買っているという事なのです。

「今がチャンス」「1点しかない」などと煽られると買いたくなるものですが、不要なものを買っていると絶対にお金は増えません。

 

地道なお金の増やし方〜投資編〜お金を地道に増やしていく。

元手をベースにコツコツとお金を増やす事。複利運用がポイント。

支出の見直しが一段落してきたら、そこで浮いた費用を投資に回していきましょう。ポイントはズバリ複利運用です。増えた分を元手にプラスして次の投資の原資にしていくパターン。複利運用ができる金融商品としては、インデックスファンドがあります。数千円から始められるケースが多いからまずは積立を始めてみましょう。

 

40代がコツコツお金を増やす時のオススメのお金の増やし方〜株式投資編

私が資産形成を成功させたポイントは20代から続けていた株式投資でした。

株式投資ではどの銘柄に投資するか?が成功するかどうかを完全に決めていると言っても過言ではありません。ファンダメンタルズを重視し、将来値上がりする可能性のある株式銘柄を中長期に保有していくか、テクニカル分析を中心にして短期的なトレードをして利益を積み上げていくのか、戦略は色々ありますが、いずれも銘柄選びが重要という意味では同じです。

銘柄を選んで投資した際に、購入した銘柄が値上がらない場合もありますが、その時にはすぐに損切りをして元金を減らし過ぎないようにしていくことが重要です。損小利大で、損失は最小限にして、利益を取れるところで大きく稼いでいくことが株式投資で重要な考え方なのです。

 

まとめ

お金はお金が好きな人のところにたまります。お金があるところがお金が好きなのです。お金を大事にしてくれる人のところに集まってきます。

40代から地道にお金を貯めるなら「お金を貯めることが好きになること」が大切です。お金が好きなら無駄遣いはしなくなります。ぜひ、40代からでも間に合いますからガンガン投資でお金を増やしていきましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください