株で月5万稼ぐのは簡単?元手はいくら?|サラリーマンの小遣い稼ぎ

 

 

月に5万円収入が増えたら、結構な贅沢ができますよね。

毎月の家計にとって大きなプラスになること間違いなし!
もし、年金生活をされている方であればさらに大きいですね。

 

月に5万円であれば、居酒屋でアルバイトをするとか、ネットビジネスで副業するとかという事でも稼げるとは思いますが、会社で副業が禁止されていたり、そもそも本業が忙しくて大変という方であれば、時間を取るのが難しいはず。

 

その点、株式投資からの収入であれば、お金が働いてお金を稼いでくれる訳なので効率的! 働く時間が圧倒的に少なくてすみます。もちろんリスクもありますが、しかしリスク以上に実行するメリットの方が大きいのも事実。

結論から言えば、株式投資で月5万円を稼いでいくのは理論上そんなに難しい事ではありません。また、資本をそこそこ用意できる方であれば実現できる可能性はさらに高くなります。

 

この記事では、株式投資によって月に5万円を得る方法を解説します。

 

 

株で月5万稼ぐ方法1〜配当(インカムゲイン)で月5万を狙う

配当とは

株式投資の大きな特徴の一つとして、通常年2回、保有株単位数に応じて「配当金」が支払われます。これは、企業が決算でだした純利益から、企業の持ち主である株主に、その利益を還元するもので、もっとも本質的な株式投資の収入となります。

配当については2つの用語を覚えておいてください。

  • 配当利回り 株価に対して支払われる配当金の割合
  • 配当性向  企業の純利益のうち、どのくらいを株主に還元するかの割合

 

月5万円の配当を得るには、配当利回り5%なら1200万円の投資が必要。

2018年9月22日現在の株価において、東証1部2112社中、配当利回りが3%以上ある会社は243社(11.5%)あります。配当利回り3%で月5万円(年間60万円)を得るには、投資金額は2000万円以上は必要

簡単に出せない金額ですけど、出せる方であれば、株式市場に投資するのは1つの手であると思います。

 

さらに配当利回り5%以上の会社は4社あります。

  • 松井証券
  • 東京エレクトロン
  • 日産自動車
  • JT

どの会社も東証一部で日本を代表する企業ばかりです。

これらの企業に2018年9月22日現在で1200万円以上投資した場合、配当として年間60万円以上が得られる計算となります。

 

株価も未来はなんとも言えませんが、長期投資として配当利回りが良い会社に投資するのはメリットが高いですので、資産ポートフォリオの1つとして、優良企業株式への投資を検討すると良いでしょう。

 

株で月5万稼ぐ方法2〜トレード(キャピタルゲイン)で月5万を狙う

 

取引で稼ぐなら、元手は50万円以上は欲しい

日々の株式市場での取引(トレード)を行なって月5万円稼いでいく事を狙うのであれば、元手は最低でも50万円以上は用意したいところです。理屈上は10万円だとしても月に5万円を狙っていくことは可能ですが、月間で50%も上昇する株式というのはなかなかありませんから、うまくピンポイントで投資できる確率は極めて低くなります。

元手が50万円あると5万円の利益は10%の利率となりますので狙える範囲に入ってきます。もちろん元手はさらに高い方が利益は取りやすくなります。

 

ポイントは、損失を抑える損切りを的確に行うこと。月に5万円以上の利益を狙うとして、逆に月に何万円の損失までは許容できるのか?についても決定し、それを超えたらその月はトレードをやめる気持ちで取り組むこと。今度は勝てる、今度は勝てる、とやっていくと深みにハマります。

 

取引はスイングトレードがオススメ

数日から数週間の株価変動の波を捉えるスイングトレードがオススメ。この手法は週末や夜間に株価の値動きを分析して、夜や週末のうちに注文を出していく手法なので、日中忙しい方でも投資可能です。逆に、日中行うデイトレードは初心者には難しいのでやめた方が無難。なぜならプロの投資家がAIなどのシステムを使ってトレードしている世界ですので、その中で勝つのは難しいですし、そもそも、日中は忙しい方が多いはず。

 

目標を達成したら、その月の取引はやめるくらいの冷静さで

株価がまだ上昇していて、さらに長期的に保有しても良い株式のポジションがある場合は別ですが、短期売買で目標利益を確定したら、その月の取引は一旦やめてしまいましょう。成功要因や失敗要因を分析するなどして次に備えて行くのがベスト。

もちろん、現在保有している株式が優良株であるならそれはポジションを継続すべきですし、成功パターンが見えている株式には投資すべきですが、必要以上にリスクを取りすぎてしまうと、損失が出る可能性もあるので、目標が「月5万円以上」にあるならば、そこでやめるくらいの冷静さを持って投資を行うのがコツ。

まとめ

  • 配当で月5万円を狙うなら1200万円以上の投資は必要
  • トレードで月5万円以上を狙うなら元手は50万円以上は必要

株式投資は有効に行うことでリスクはありますけれども利益を出していくことは狙える投資方法ですから、ぜひ研究していくことで資産形成を行いましょう!

東京直輝
短期利益を狙うならあくまで余剰資金で。株式は基本的にインフレに連動した資産ですから、自分の資産形成の中でバランスを取り、インフレを前提とした分散投資の1つとして、長期投資や積立投資を株式でしながら、その上で、余剰資金で短期取引を行うと資産形成の面白みが出ると思います。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

人気記事:月5万円で「1億円」を作る方法とは?

▼無料セミナー「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください