お金を増やす株式投資|10万円が100万円!賢い成長株投資の方法

 

テンバガー株(10倍株)という言葉をご存知でしょうか?

買った値段の10倍にも成長する株のことをこのように呼びますが、10倍どころか100倍以上にもなってしまうのが株式投資の面白いところ!

 

上記はRIZAPグループ<2928>の株式チャート10年間です

2009年9月1日 調整後終値5.88円でした。(注期間中に株式分割あり)

最も高い2017年11月24日の終値で3090円(なんと525倍!

現在の2018年9月13日終値でも673円(114倍!

というように物凄い成長を遂げる株はあるわけです。

 

成長株に投資するのは賢い方法の1つ!

実際にどのようなところがポイントになるか見て行きましょう!

 

東京直輝
私も1度だけ、結果的に10倍株を手にしたことがあります。6倍、8倍のところで一部売却してしまったので、全部持っておいたら・・・と思う事たまにあります。

 

 

 

お金を増やす株式投資 〜成長株に着目する〜

 

株価が10倍、100倍と、とてつもない成長をした企業を他にも上げますと、ユニクロヤフーニトリ、など特徴的で、かつ、世の中にないサービスを提供したり、時代の流れに乗って成長した企業でした。このような企業は、チャート分析などのテクニカル指標ではとても発見することができません! しかし、身近なところに探すヒントが隠されている可能性があります。

 

自分が働いている業界の中にないか?

 

今、働いている業界の中で、急成長中の上場企業はありませんか? あるいは、まだ小さいけれども、とてもユニークなサービスを提供していて自社の脅威になっている企業はないでしょうか? または、企業力は素晴らしいのに、近年ものすごく業績を落としている会社はありませんか? そういう会社は「買い」である可能性が高いです。普通の生活者や機関投資家などには見えていない企業の強みや良さが、同じ業界にいるあなたなら分かる可能性があります。

 

自社株の未来はどうか?

 

もちろん上場企業にお勤めの方なら、自社株を「成長株」と捉えて買うことができればそれが一番良い選択だと思います。自分で働いて、チームで企業を成長させて、その結果として株価が上がればみんながハッピーです! 自社株を買うときは会社のルールやインサイダー取引規制等を守って適切に購入してください。

 

自分がよく使っている商品サービスの中にないか?

あなたが使っている商品やサービスで、トレンドを先取りしていたり、出す商品全てがとても消費者のことを理解して、他の企業には出せないような素晴らしいサービスを提供している会社はないでしょうか? もし、その会社が上場していたら着目してみる価値はあります。10倍までいかずとも、長期に渡ってその会社を応援していく姿勢があれば、株主であることを楽しみながら株式投資が行えます。株主優待なども楽しみですし、時には株主総会に参加して社長の意見を確認するなんてことも、長期投資の醍醐味です。

 

成長株を探す! 〜テンバガー株の特徴や条件は〜

 

成長株を探していく時に着目すべき視点をまとめています。このようなケースの時に大きく成長する企業が出る可能性がありますから、視点を参考にしてみてください。

 

中期経営計画を発表し、内容に説得力がある

経営者が変わったりしたタイミングで、中期経営計画を発表し今後の企業の方向性を示す企業は多いです。企業は本当に経営者によって変わりますし、計画の中身が的を射たもの場合、業績は着実に上がって行きます。特に、1度業績が悪化したケースを立て直す「ターンアラウンド」と呼ばれる経営改革が行われるケースでは、すでに事業成立している会社が立ち直っていく計画なのでリアリティがある現実的な計画が出るケースも多いです。このような中期計画の発表があった株式に注目してみるのは良いでしょう。

 

新規上場株の数年後の業績向上

上場時は期待から高値がついて、1度株価が落ちて行くことがあります。その後、反転したタイミングから一気に毎年業績が向上し、上場来高値を更新して行くという美しいケースも10倍株になって行くことが期待できます。新興市場の株式の中で、上場後数年内の企業をみながら業績が伸びる企業を探しましょう!

 

国策や景気のトレンドに乗っている

国が国策として強化することが決まっている業界や、いまの時流に乗って未来に向かって伸びている業界の株式は、未来への期待値も先取りして株価に織り込む形で株価が上昇する可能性大! 業界の中のリーダー企業、あるいは先行しているイノベータ企業など、トレンドに乗っている会社に着目するのは成長株狙いの鉄則!

 

流通株式数の比率が少ない

創業者の持ち株比率が高いなど流通株式数が少ない株式は、ボラティリティが高いともいえ、一度情報トレンドに乗ると、その株式の稀少性から株価が変動しやすい傾向があります。成長株を狙う場合は、流通株式数が多いのか少ないのか、そこは見極めると良いでしょう。

まとめ

10倍にもなってしまうのが株式投資の魅力!

企業の成長性が高いかどうか、業界の動向、未来予測、そしてその企業が出している製品やサービスが素晴らしいものであるか、社長などトップリーダーは意思を持って経営しているか、など、成長企業を見極めるためには情報も時間も分析力も必要です。

しかし、分析が大変だからと、テンバガー株に興味関心を失ってしまうとそれこそ株式投資をやっている意義がなくなる可能性もあります! 

常に興味は広げて、そして利益を積み重ねて行くにはどうすべきか? 

ぜひ楽しんで未来を考えて行きましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください