失敗しない株の銘柄選び|初心者でも出来るネットネット株の探し方

 

失敗しない株の銘柄選びはどうするか?

基本は将来上がる株を選ぶ!ということ。

 

でも、将来上がる株って簡単には見つからないものですが、ある考え方と検索方法を使うと、簡単に見つける事が出来るとしたら知りたいと思いませんか?

 

この記事では、割安株の1つの基準とされている「ネットネット株」についてご紹介するとともに、通常は非常に難しい検索を、極めて簡単に出来る検索できるやり方を見つけましたのでご紹介いたします。

 

東京直輝
株で成功したいと思っている方なら、ネットネット株については要チェックですし、このやり方は初心者でも出来るやり方なので、覚えておくと良いですよ!

 

失敗しない株の銘柄選び

割安株を選ぶ

 

株に定価はなく、現在の株価は、現在の市場が「この株価が妥当」と判断している価格で取引がされているのが実情です。

 

これに対して、「この企業の株価は、企業価値や業績動向などから考えると本来はこのくらいに上がってもおかしくないから、安いうちに買っておこう」「来年業績が上がれば、株価は今より●%は上昇してもおかしくないので、そう考えれば今の株は割安だ」というように、将来の株価を予測して、それに対して現在の株価水準が安いと判断して投資するのが割安株投資。

 

今の株価評価が歪んでいて「本来評価されても良い価格より、安く放置されている株」を探していけば、将来値上がりした時に大きく利益を出すことが可能。

 

東京直輝
フリマで買った商品をメルカリに出品したら買った価格の2倍で売れた! なんて話をたまに聞きますが、株の世界でも割安で買えれば儲かる確率が高いです。

 

 

 

ネットネット株とは

 

割安な株式評価の代表格がネットネット株。

 

ネットネット株とは、アメリカの偉大な投資家ウォーレン・バフェット氏の師匠とされている経済学者のベンジャミン・グレアム氏が提唱した理論。現在の株価水準が実質の企業価値に対して、2/3(66.7%)の割安な状態にある株式をネットネット株として投資対象とするのです。個人投資家の方でも、このネットネット株に着目して大きく資産を増やした方が多くいらっしゃいます。

 

「相場の価格はこのくらいだよね」という認識から、33%も安い状態にある株式がネットネット株と言えますから、その企業の株式が安く放置されている理由に特殊なネガティブな状態(例えば企業不祥事等)がなければ、普通に考えると、もっと高い株価に修正されておかしくない株ということです。

 

 

見極めの仕方

時価総額 < (正味流動資産 – 負債総額) × 66.7%

 

ネットネット株の算出は、その企業のバランスシート(B/S)をみて、資産価値評価を行いながら出していきます。まず、その企業の資産を、将来の成長性や人材の価値などを一切見ずに、単純に今すぐに現金化するとしたら、いくらの価値になるのか?という正味の資産金額を計算します。その金額が、時価総額の2/3以下になっていればネットネット株であると判断します。

 

時価総額は、株価に発行株式数をかけた額ですから、時価総額が割安であれば、株価も割安ということ。

 

正味の資産金額は、流動資産から負債を引いた額で算出していきますが、なかなか単純には計算できません。例えば、棚卸資産は通常は商品の在庫であることから流動資産額からは除いた考えた方が良いですし、固定資産であっても、土地などの換金可能な資産については考慮して資産金額を出して行くなど、結構難しい判断をしながら算出する必要がありますので、なかなか時間がない方や、会計知識がない方には難しい場合が多いのが現実ですね。

 

 

 

ネットネット株の簡単な探し方

 

計算方法が難しいネットネット株を探す方法はないのでしょうか? または他の考え方で代用できないのでしょうか?

 

ネットネット株を探せるサイト

 

下記のサイトでは、本来の計算方法を考慮しながら、「ネットネット株指数」という形で評価された株式情報を公開しています。しかも、市場別等に細かく検索ができますので大変参考になります。

 

簡単割安株検索

http://tdnet-search.okanelog.net/?mode=ranking_top

 

 

PBRを元にしながらネットネット株を探していく

 

PBRは時価総額と純資産額の割合を示した指標ですので、PBRが低い企業の株式はネットネット株の考え方と同じように、株価が企業価値に比べて割安であると評価されている株式と言えます。

PBRは各証券会社のサイトでも簡単に検索が可能ですし、ヤフーファイナンス等の株式情報サイトでもランキング等を公開していますから、まずはPBRを元に割安株を評価していくと良いでしょう。スクリーニング条件として他の指標も組み合わせて株価を算出できますから、PBRが低い割安株の中で成長性がある、あるいは株のチャートのトレンドが上昇傾向にあるなど、様々な条件で投資条件に合う株式を探して行きましょう。その後、バランスシートから簡易的に流動資産と流動負債の差分を出し、ネットネット株を見つけて行くのです。

 

まとめ

株は安く買って高く売る

非常にシンプルなのがこの格言。この格言通りに取引して利益を出すには、安い株式を探す必要があります。株価は相対的なもので定価はないのですが、企業価値や企業の資産総額から考えたと木に、本来このくらいの株価がついておかしくないという価格算定を行い、その価格から安くなっている株を「割安株」と判断して投資していくことで、「株は安く買って高く売る」を実現できる可能性が高まります。

安く買って高く売る! これで株式投資の成功確率を上げて行きましょう!

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください