個人年金保険のススメ|ソニー生命個人年金保険の特徴

人生100年時代といわれる中、退職後の収入をどう確保するか?というのは頭の痛い問題ですよね。

特に、公的年金の支払い開始時期がどんどん遅れると予想される中で、個人で資産形成していく事が今大きく求められています。

そんな中、皆さんは「個人年金保険」を活用していますか? 

この記事では個人年金保険のメリット・デメリット、そしてどんな保険会社を選べばいいのかについてまとめて行きます。

個人年金保険とは?メリットは何?

個人年金保険は、公的年金とは別に、個人で保険会社に毎月積み立てて自分年金を作る仕組みです。

例えば、「今35歳の方が月に3万円程度を積み立てていくと、60歳から10年間は月々8万円程度が年金として受け取れますよ」といったように、年齢や掛け金や保険会社によって金額は変わりますが、公的年金とは別に年金を自分で用意することができます。

単純に毎月貯金するのと何が違うの?とお考えの方が多いと思いますのでメリットとデメリットを紹介します。

個人年金保険のメリット
1. 確定申告の「年金保険料控除」により節税効果が出る
年額8万円以上積み立てた場合で、年収500万円の方なら、年間20,400円の節税効果が出ます。もし25年間その分を貯蓄すると総額51万円にも。年収が高い方はさらに効果は大きいです。この効果は貯金で得ることは絶対できません。

2. 運用先を株式や債券などから選ぶ事で、貯金より利回りを得る可能性がある
貯金しても利子はほとんどつきませんが、海外の株式や債券、外貨建てで積み立てる事で運用効果でお金が増えていく可能性があります。

個人年金保険のデメリット
1. 給付確定時まで引き出すことができない
例えば60歳から給付開始の保険商品なら、60歳まで積み立てた額を引き出すことはできません。

2. 運用先によっては運用益がマイナスになってしまう可能性がある
投資運用先によっては運用益がマイナスになることも。

こうして見ると「デメリットが多いな」と考えた方が多いのではないでしょうか。実は私も最初そう考えて、「個人年金保険はあまり魅力的ではない」と考えていました。

しかし、最近、このデメリットをメリットに変えられる年金保険商品が登場しています。

ご紹介するのは、なんと49兆円も個人保険・個人年金を運用していて、パーソナルなコンサルティングサービスに定評がある、ソニー生命の個人年金保険です。非常に魅力的な内容になりますのでこの記事でご紹介します。

ソニー生命の個人年金保険がなぜいいの? 特徴は?

毎月の掛け金が、死亡保険金として受け取れ、保険料削減につながる

毎月積み立てた保険料は、年金給付時(例えば60歳など)まで引き出せないのが原則ですが、もし万が一死亡した際にはその分は死亡保険金として家族が受け取ることができます。ですので掛け損は絶対ありませんし、もし掛け捨ての保険に入っている方なら保険料を一部削減して節約することもできます

運用先をグローバル・国内と様々選べ、個人的にコンサルタントに相談できる

確実性を求めるなら確定給付型で現金で積み立てるのがベストですが、外貨建てにしたり、株式INDEXに投資したり効果的な運用をすれば年金効果を最大化することができます。

ところが「投資先として何を選んでいいかわからない」という方が多いのも現実です。その点、ソニー生命の場合はパーソナルなコンサルティングサービスが受けられるので、自分にとってベストな投資先を相談しながら決められます。もちろんコンサルティングは無料です。

実際にコンサルティングを受けるとわかりますが、無料で将来に向けた状況を整理して投資先を考えられるので、これだけでも価値があります。

運用益や年金のもらい方は、様々なパターンが選べる

運用益が出た場合の「積み立て配当金」のもらい方が複数選べます。

「しっかり老後に備えた積み立てをしながら、お子様の受験に合わせて運用益から一時金がもらえたらいいな」などなど、個人ごとのニーズに合わせたプランが組めるのがソニー生命の良いところです。

                         -PR-

【ソニー生命の個人年金保険】詳細はこちら

まとめ

  • 公的年金だけでは将来は不安。個人年金づくりの必要あり
  • 個人年金保険は節税効果や運用効果で貯金するよりメリットあり
  • メリットは個人によっても異なるので、状況に合わせて選ぶ必要あり

もし、まだ個人年金保険を始めていない人は将来のために始めてみてはいかがでしょうか?

特に、個人年金保険の節税効果は高いですよ。例えば、年収500万円の方が毎月1万円、年間12万円積み立てした場合の節税効果は約2万円。これって、利率に直すと16.6%にもなるんです。個人年金保険は少額でもいいので始めるとメリットがあります。

保険会社を選ぶ際は、今回ご紹介したソニー生命の個人年金保険のように、制度のデメリットをメリットに変える特徴があったり、パーソナルなコンサルティングが受けられて運用先について的確なアドバイスがもらえる会社を選ぶと安心です。もちろん、将来の重要な資産形成ですから会社の経営状態や安定性も重要な要素ですね。

ぜひこの機会に個人年金保険の活用を検討してみてください!

まずは無料でコンサルティングを受けてみませんか?

       ーPRー

>>保険相談で豪華景品プレゼントキャンペーン実施中!ソニー生命の個人
年金保険

WEB・スマホでいつでも申し込めます

 

個人年金保険料控除について(詳細計算例)

年額80,000円以上の保険金を払っている場合、所得税分で40,000円、住民税分で28,000円、合計68,000円の控除を受ける事ができる。これ、どのくらいの節税効果になるかというと、年間の所得が330万円から695万円までの方の場合、所得税率は20%、住民税率は10%の合計30%が税率になるので、68,000円の所得控除により、68,000×0.3=20,400円分の節税になる計算になる。年間20,400円ってそんなものかと思いがちですが、25年間支払った場合はそれが積み重なって、なんと51万円も節税になります! これ大きいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください