株か投資信託か。老後資金を貯めながら「大金持ち」を狙う投資の順番

 

株か投資信託かで迷っている方多いですよね。

 

あなたが40代前後のサラリーマンで「老後の資金作り」が第一の目的であるなら、間違いなく、個別株式投資ではなく投資信託、または個人年金保険などで貯蓄を目的に運用することをオススメします。なぜなら、老後の資金作りが目的ならリスクを取る必要はないからです。ここは論理的には迷う必要がありません。

 

しかし、もし株か投資信託かを「迷っている」としたら、そこには迷いがあるというよりも、実はコツコツと老後資金を貯めていく現実にゲンナリしていて、本当はもっと「株で夢を見たい」と思っているから迷っているのではないでしょうか。株式投資でうまくいけば、コツコツ貯めるとは桁違いの大金持ちになれる可能性もあるのですから。

 

であれば、論理的に順番を考えて、リスクを取らずに安全に老後資金を貯めながら、その上で、リスクをとってお金を大きく増やすことにチャレンジしてみませんか?  順番を守って余剰資金でやれば株式投資は非常に楽しめますし、夢がある投資になります!

 

 

株か投資信託か。老後資金を貯めながら「大金持ち」を狙う投資の順番

投資1:iDeCoを活用して節税しながら老後資金を積立する

 

まず老後資金を確実に貯めることを優先するのが堅実。iDeCoは60歳まで引き出すことはできませんが、老後資金を貯めているのだから引き出せなくて当然ですよね。

通常のサラリーマンの方だと月々2万円程度まではiDeCoの積立が可能。もし、月2万円、年間24万円積立をして、今、40歳で60歳まで積立すると480万円貯まります。これは貯蓄と考えて元本保証のある積立でもいいですし、長期投資ですから日本株式のINDEXファンドと海外株式のINDEXファンドなどに分散投資して運用してもいいですし、安定して貯めていくと良いです。

大きいのは節税効果で、全額が課税所得から控除できて、所得税、住民税の節税効果がでます。年間24万円積立して、仮に所得税率20%、住民税率10%だとすれば、24万円の30%で年間7.2万円も節税できるのです。この7.2万円も貯めていけば20年間で144万円も溜まりますから大きいですよね。

 

 

投資2:個人年金保険で節税しながら積立する

 

個人年金保険はiDeCoとは別にやはり老後の年金、または一時金として65歳以上で受け取れる保険商品。しかし、こちらは途中解約ができる場合が多いのである程度期間がたてば払った分は戻ってきますから、いざという時には安心です。

個人年金保険も節税効果が得られます。個人年金を年間の8万円以上払い込んでいれば、生命保険料控除として、所得税では最大4万円、住民税では最大2万8000円の控除が受けられます。同じく仮に所得税率20%、住民税率10%の方であれば、10,800円の年間節税効果です。例えば、月1万円、年間12万円で積立した場合、12万円に対して10,800円の利子がつくと思えば、年利9%の実質効果です。仮に20年間貯めると240万円。月2万円ずつなら20年で480万円貯まります。iDeCoと合わせて毎月貯蓄するのは大変ですが、目的が老後資金の安定のためであるならばなんとかやりくりしたいもの。

 

 

投資3:余剰資金はINDEX投資を活用して分散投資する

 

毎月の積立とは別に、ボーナスなどの臨時収入など、余剰資金として貯めておける金額は株式市場全体に投資できるINDEXファンドに分散投資していくのが長期投資としては健全と思います。

現金でおいておいても良いですが、今後、経済がインフレーション傾向にあると仮定するならば、現金よりインフレ連動する金融資産、または不動産等の実物資産に投資するのが賢いやり方。

 

日本の日経225連動ファンドなどでの運用だけでなく、海外のINDEXファンドにも分散投資をすればリスク分散にもなります。投資目的を「長期的な資産形成」「インフレ時代の有効的な資産運用」「海外も含めた資産の分散投資」と考えて、日本市場、海外市場等のINDEXファンドを活用して投資をするのが合理的です。

 

 

投資4:安定した資産形成ができている前提で、余剰資産で個別株式投資を行う

 

ここまで紹介してきたような節税効果が得られる積立型の投資や、INDEX連動の投資信託ファンドなど比較的安定した長期投資が可能となる運用を行っているなど、老後資金の準備が出来てきるならば素晴らしいです。であれば、一部の余剰資産を使って個別株式投資を積極的に行うのは賢いやり方です。堅実に安全資産を作っている上での株式投資、しかも余剰資金を使っての投資であれば、リスクをとっても大丈夫というわけです。

 

個別株式投資で、特に短期的な投資については元本が減少する可能性は高いです。その分、逆に資産が増えていく可能性もあります。個別株式投資の醍醐味をまさに味わえるはずです。

また、個別株式投資でなく、プライベートファンドやヘッジファンドを活用して、プロに運用を任せるアクティブなファンドに投資するのも面白いと思います。

 

いずれにせよ、安全資金を持った上での余剰資金で投資をしていくことが重要です。

 

まとめ

老後のことまで考えて投資をしていくならば、確実に資金を貯められる方法、節税が出来る方法でメリットをしっかりとって安全に運用しながら、余剰資金を持って個別株式投資を行えば、心にゆとりを持ちながら賢くお金が増やせます。ぜひ投資ライフを楽しんでみてください。

 

東京直輝
私は不動産投資など借入をしながら行う投資も合わせて行っています。現金や金融資産を厚く持っていると、不動産投資等で借入を起こす時も有利になるので、将来のためにお金を貯めていくことは極めて重要ですね。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

人気記事:月5万円で「1億円」を作る方法とは?

▼無料セミナー「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください