株・投資信託・FX 初心者が始めるなら?|目的で選ぶ投資戦略

 

投資の代表格といえば「株」ですが、プロに運用を任せる「投資信託」や、外国為替相場と連動した「FX」もたいへん人気です。

 

この記事では「正直、違いがいまいちわかっていない」「どれに投資するのが良いの?」と感じている方に、それぞれの内容の概略とともに、初心者が始めるとすればどう考えれば良いかについてまとめていきます。

 

ポイントは自分の投資目的を考えて、それにあった投資をすること!

ここを押さえて最適なものを選びましょう。

 

株、投資信託、FX、それぞれの特徴は?

株式

株式投資は上場企業が発行している株式を売買する投資です。中長期的に保有し、配当を毎年得ながら将来的なキャピタルゲインを狙うケースと、短期的に売買を行い、価格差で利益を積み上げていく考え方があります。

中長期的に保有する場合、優良企業であれば配当は年利率で2%を越してくる株式も珍しくありませんので、銀行に預けておくよりお金が増えます。一方で、株価は毎日変わり、時に購入した価格より下がる場合も大いにあり得ます。しかし、将来にわたりその会社が収益性を高めて成長していくと考えられれば、短期的な価格の変動に一喜一憂するのではなく、中長期に渡って保有を継続していくことで資産形成に繋げます。配当と同時に株主優待のサービスを受けられる企業もあります。

一方で、短期取引の場合、株式はネット証券で購入できますし、流動性に優れていますので非常に多くの投資家が取引しています。価格変動の並みにうまく乗れれば、短期間で+10%、20%と大きな利益を出していくことも可能なのが株式投資の魅力。

 

投資信託

投資信託はプロが投資家からお金を集めて、株式や債券などに投資をし、収益を得ていくサービス。株式同様に売買が可能な投資商品です。値下がりリスク、元本割れリスクがあります。

投資信託は、ファンドマネージャーとよばれるプロの専門家が運用します。銘柄数は多くハイリスク・ハイリターンの商品もあれば、ローリスク・ローリターンの商品もありますし、外貨建ての投資信託もあります。INDEXファンドと呼ばれる市場全体の平均に投資するタイプも人気。

投資信託は一括で購入する場合もありますが、毎月の積立で購入していく長期分散投資に向いている商品です。積立NISAiDeCoと組み合わせると節税メリットも得られます。

 

ETF(上場投資信託)

投資信託のなかで上場しているものをETF(Exchange Traded Fund)といいます。ETFは手数料が安く、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、S&P500といった株価指数に連動するタイプが多く、手軽に取引できるのが特徴。

 

REIT(不動産投資信託)

投資法人が、投資家から集めた資金で不動産を保有し、その不動産から発生する賃料収入や売却益を投資家に分配する信託。株式同様に上場しているので、流動性も高いですし、内容も公開されますから、不動産に投資したいけれども個人で持つのは無理という方には、REITに投資するという方法がオススメ。

 

FX(外国為替証拠金取引)

FX(外国為替証拠金取引)は、証拠金を差し入れ、その何倍もの(最大25倍まで)外国為替で取引を行います。購入時に売却時の為替予約をして、その価格差を利益にする方式なので、為替の見通しがあっていれば利益が出ますが、外れると利益が出ないというわかりやすい投資です。対象通貨は米ドル、豪ドル、NZドル、ユーロ、もちろん円などから選んで為替相場を選択します。ほぼ24時間取引ができるなど、利便性は高く初心者にも簡単です。

 

 

初心者が考える投資戦略

資産を貯めていくなら投資信託

 

あなたの目的がコツコツと資産を貯めていきたいが、銀行預金に貯めていくのでは面白みがないので株式投資を検討している、という方であれば投資信託への長期分散投資をオススメします。毎月の積立を長期にわたって行う投資は、相場が高い時も安い時も両方買っていくので結果的に価格が平均値になっていき、売却時には相場が高いところを狙って売ればキャピタルゲインも得られやすい投資方法ですから、積立をしながら運用するのに適しています。日本株式中心とするか外国株式中心なのか、あるいは不動産対象の投資なのか、といったように投資先を分散させることもできるので、資産形成に適しています。難点は手数料が高いこと。運用利回りは出ているけれど手数料で相殺されている、となると誰のために投資をしたのか分からなくなりますから、運用収益性と手数料のバランスを考えて選ぶといいですね。

 

投機を楽しむならばFX

簡単に投資ができますしすぐに結果が出るので楽しめます。一方で大きく賭けると失敗したときのリスクも大きくなりすぎるので結果的に少額でやることになり、そうなると儲けが出た時も本当にお小遣い程度、という場合も多いです。FXは初心者の方にはエントリーしやすい反面、中長期的に資産形成の柱にするのは考えづらいと思います。(ただし、FXだけで相当利益を出しているプロの投資家も存在していますので可能性はゼロではないです。)

 

 

長期的な資産形成と投資を武器にするなら株式投資

 

株式投資は長期的に資産形成する際に強い武器になるので、まとまった現金を有料企業の株式に変えて保有していくというのはインフレにも強い資産の保有方法と言えます。もちろん元本保証ではないので、現金資産は持った上で投資ポジションを取るのが良いです。また、短期的に元本を余剰資金で用意して、株式取引により利益を狙っていくのも良いです。

 

まとめ

自分の投資目的によって選ぶのが肝要!

 

投資信託、FX、株式投資それぞれにメリットとデメリットがあります。いずれも元本保証がされている商品ではないので、必ず必要資金全部を投資に回す、などという極端なリスクを犯すのは厳禁。余剰資金を使って将来の資産形成を目指しましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください