お金を増やす基礎知識【投資編】賢く早くお金が増える方法を学ぼう!

世の中にはお金を持っている人と、持っていない人がいます。

お金を持っている人が知っていて、持っていない人が知らないもの。

それはお金を増やすための「基礎知識」なんです。

金融リテラシーと呼ばれることもありますが、お金がどういう風に増えていくのか、どうやって増やすのか、そうしたお金に関する基礎知識を知っているかどうかで大きく人生が異なるわけです。

この記事ではお金を増やすための基礎知識を、投資という観点からご紹介していきます

 

お金を増やす基礎知識(1) お金の増やし方の順番とは?

お金が増える人と増えない人の違いとは?

 

ズバリお金の使い方の順番が違います。

 

増える人 : 「投資」にお金を使う →(収入が増える)→「消費」にお金を使える

増えない人: 「消費」にお金を使う →(投資できない)→(収入も増えない)

 

つまり最初に「消費」にお金を使うのか、「投資」にお金を使うのか、そこに大きな違いがあるのです。上の例では、投資にお金を使っている人は収入が増えたら消費する、という単純な構造ですが、実際には投資で増えたお金をさらに再投資して、より効率的にお金を増やしていくことが出来る人が「お金が増える人」なのです。

 

 

お金を持っている人は「お金を生み出す資産」に投資した人

 

例えば、スポーツ選手やタレント、医師や弁護士、高所得のサラリーマンの方などは、若い時に「自分自身」にしっかり投資しています。厳しい練習を重ねたり、学業を頑張ったりしたことが「資産」になっているから人より高収入を得られています。

 

金融資産に投資を続けた人もお金を持っています。なぜなら、お金がお金を増やしてくれるから。最初はなかなか増えませんが、利子を再投資に回す「複利」効果をうまく使った投資を長期間継続している人は金融資産が増えていきます。すると、そもそもの資産が大きいので、そこからの配当収入だったり、その資産の利回りでまた資産が増えていく構造になるわけです。

 

事業に投資した人もお金を持っています。資格を取って自営業を始めたり、あるいはフランチャイズのオーナーになってお店を持つことも事業投資です。最初は苦しいですし、成功の保証はありませんが、事業に成功した後にはお金が増えていく未来が待っています。

 

つまり、お金を増やすためには、お金を増やす「資産」に「投資」をすることが重要なのです!

 

お金を増やす基礎知識(2)サラリーマンの有効な投資先8選

ではサラリーマンとしてすでに生活している我々世代が、これから資産形成のために投資を行うとすればどのような投資先が有効なのでしょうか? サラリーマン・OLの方に有効な投資先を8つ、ご紹介いたします!

 

投資信託(インデックスファンド・パッシブファンド)

 

投資信託のうち、インデックスファンド、またはパッシブファンドと呼ばれる経済指標に連動して投資を続けてくれる投資ファンドが有効です。これを毎月コツコツ積立を行います。手数料も非常に安いものが多いので安心です。

なぜインデックスファンドが有効なのかというと、比較的リスクが少ない投資であるとともに、インフレに連動した投資商品となるため、長い目で見ていくと資産形成で成功できる可能性が高いから。

 

まずは投資のベースとして、毎月数千円からでもいいので積立を始めましょう。いつの間にか、あなたの資産の基盤となり、持っていることで生活の安心材料になることでしょう。

 

なお、投資信託にはアクティブファンドと呼ばれる積極的な運用で高い利回りを狙えるファンドもありますが、これは要注意です。なぜなら、手数料が高いのと、必ずしも毎年高いパフォーマンスを得られ続けられるかには保証がないから。高い利回りを求めるならば、別の投資や事業投資の方が有効です。

 

 

株式投資・トレード

株式投資はサラリーマンの方に最適な資産形成方法。今は価値が低いけれども将来上がるバリュー株を購入して数年で株価を2倍、3倍にしていくことも狙えますし、短期的にトレードで売買を繰り返して利益を積み上げることもできます。

株式は普段ビジネスをしているサラリーマンにとって、企業業績の分析など日常業務と絡めて市場を見ていくなど、仕事の延長線上にあるような投資方法となります。

また、パソコンとインターネットさえあればどこでも投資が出来ますし、年齢も関係ありません。株式投資のスキルを身につけてしまえば、資本主義社会が続く限り、一生投資運用に困ることはないといっても過言ではないでしょう。

 

FX

為替を利用したトレードがFX。株式投資より圧倒的に手軽です。特に、市場が開いている時間が株式投資に比べて長く、早朝や夜間、深夜にも取引ができますのでサラリーマンの投資先としては非常に有効です。シンプルなので覚えるのも早く、結果が出やすいでしょう。

 

バイナリーオプション

バイナリーオプションは30秒後や60秒後、あるいは5分後などに為替の値動きが今と比べてどうなっているかを予測していくもの。仮に「上昇」の権利を購入し、その通りに為替が上昇したら、購入した価格の1.9倍前後のリターンが得られます。ただし、反対の値動きになれば購入した価格のリターンはゼロですので、購入した分、損することになります。

特徴としては1000円から投資できるので、自己資金が非常に少ない人でも市場参入することができることです。

 

仮想通貨投資

ビットコイン(BTC)の相場は大きく上がるという人と、価値がなくなるという人と両極端です。しかし、管理人は将来的に仮想通貨流通が続き、結果的に利用する人が多くなるため、その基軸通貨であるビットコインの価格は上がると考えている人間の1人です。なぜなら、ビットコインの発行流通量は決まっており、それ以上発行される計画がないからです。

未来を予測して仮想通貨を保有しておくだけ、あるいはアルトコインと呼ばれる多数の仮想通貨の相場を利用してトレードするということも可能。

仮想通貨投資は安定的に利益を得るタイプの投資ではありませんが、将来の大化けにかけるという意味では面白い投資先となります。

 

不動産投資

不動産を購入して、その不動産を貸すことで家賃収入を得る大家業です。サラリーマンの方で年齢が若く、ある程度の頭金があり、銀行から融資を引き出せる人であれば不動産投資は非常に安定した事業収入をもたらしてくれます。立地を間違わなければ将来的に資産価値が大きく下がることもないでしょう。

ミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資はリスクゼロではありませんが、安定的に家賃収入を得られる点と、管理会社等に任せてしまえば日中仕事をしていても事業運営ができるという点で、サラリーマンの方に向いています。

 

太陽光発電投資

不動産と同じく、太陽光発電装置を土地付きで購入し、売電事業を行うことで安定した収入を得ていくのが太陽光発電投資。これもサラリーマンの方で融資が受けられる方であれば非常に有効です。

 

ネットビジネス(事業投資)

最後は事業投資です。事業投資をする場合、ネックとなるのは初期の事業資金。しかし、ネットビジネスの世界であれば初期費用は少なくてできる事業モデルが多数あります。転売ビジネスもよし、アフィリエイトビジネスもよしです。あなたに合った事業モデルを研究してみましょう。

 

まとめ

お金を増やすなら順番が大事!

投資を先にして、お金を増やしてからお金を使うこと。

これが守れる人はお金が増えて、守れない人はお金が増えていきません。

この原則を忘れずに、お金、増やしていきましょう!

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

▼セミナーで学ぶ「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください