株の始め方|株を始める最低資金は? 株を始める勉強としての最低資金

 

株を最低いくらから始められるか?といえば、今は1,000円代から株式投資は始めることができます。低額投資が出来るサービスが各種ありますし、単元未満株として1株からでも投資が可能なサービスを証券会社が提供しています。

しかし、これから本格的に投資を始めるにあたり、最低いくらくらいから投資すべきか?と考えると、1000円で投資をしても雰囲気はわかりますが、本格的な投資の学習機会としては不十分です。

 

ズバリ10万円を投資に入れることは可能でしょうか?

 

10万円を最低資金とすれば、株式投資の本格的な経験を多数積むことができるのです。10万円を最低資金として株式投資を初めて学びを深めるメリットについて考察して行きます。

 

 

株の始め方 最低資金としていくら必要なのか?

本当に最低資金で始めるのであれば、単元未満株投資が最適

 

単元株数が100株、1000株という通常の株式が、1株から買うことができるのが「単元未満株投資」。証券会社によって呼び名は変わり、プチ株、S株、など商品名として異なりますのと、対応している証券会社は限られますが、非常に少ない金額で株を購入できますから、株式投資の世界に足を踏み入れるのには最適です。

単元未満株投資についてはこちらの記事で紹介しています。

 

10万円を最低資金として、株を始める勉強として投資をスタートすれば、様々な投資経験を積む事が出来る!

10万円あれば、5万円以下の単位株が2単位購入できる

 

サラリーマン投資家としてデビューされようとしているあなたが、株の勉強のために最低資金を決めて投資を実際に行って見るのは本当に勇気がいることですが、非常に重要なことです。証券会社のシミュレータ、demo機能を使って実験もしたと思いますが、それ以上に本当に資金を動かすのは本当にドキドキします。

10万円の投資金額を用意して、いきなり10万円程度の資金を1銘柄に突っ込むことはお勧めしません。まずは、5万円以下の銘柄で銘柄選びをし、株式投資を実際に行って見てください。最初はどうしても失敗するケースが多いもの。損失を最低限にするために金額をまずは小さくして投資を始めましょう。

そして、複数株式の並列の運用、または同じ銘柄で2単位以上持っての取引の経験を増やします。2単位持つだけで、考える事が2倍に増えますので思考力が試されます。これは今後の投資家人生を進んでいく上で避けては通れないところ。将来は複数銘柄を多数運用する事を目ざすのに、この練習は避けては通れません。

 

最初に選ぶ株銘柄は流動性が十分にある株式を選ぶこと

株を始めるにあたり最初に投資銘柄として選ぶなら、1日の出来高が大きい流動性の高い株式銘柄にすること。なぜかといえば、売る人、買う人が多い出来高が大きい株式であれば、自分が希望した価格で、自分が希望するタイミングで売買する事が可能だから。もし反対に出来高が小さい株式を選択すると、注文を出してもその値段でなかなか取引されないケースが出てきて想定と違う取引となるリスクがあります。もう1つ、出来高が大きい株式銘柄を選ぶ理由は値動きの幅が比較的スムーズである事。出来高が小さい株式を選ぶと何かの原因で一気に株が急騰、急落するケースがあります。そういった不確実なリスクをできるだけ最小化するために、流動性が高い株式銘柄を選んでください。

株式銘柄のスクリーニング条件についてはこちらの記事をご確認ください。

 

リスク・リワードの関係性から、損切り額設定を試しやすい

 

株式投資、しかも短期運用して行く場合は、リスク・リワードの関係をどのように売買ルールに織り込むかが重要な要素になります。具体的にいえば

  • リスク:どの程度損失が出た場合に損切りするか
  • リワード:どの程度利益が出た場合に利益確定するか

この目標値がないままに取引して、何と無く損失を拡大してしまう場合が株の初心者には非常に多く見られます。

例えば、リスク2%で損切りとするなら、2,000円までしか含み損は出さないということになります。逆にリスク8%まで見て運用を柔軟に行う場合には8,000円まで含み損を抱え、最大8,000円の損を確定する可能性があるということ。

10万円からの投資であれば、リスク許容度をあげて8%や10%として取引を行ったとしても損失もある一定程度で済みますから、まずは10万円で自分の投資スタイルを考えて行きましょう。

損切りとリスクリワードの関係性についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

10万円でプラスにできるようになったら、投資資金を増やして行く。

 

1回目の取引はラッキーにもプラスにできるかもしれません。2回目、3回目と取引回数を増やして行きましょう。ずっとプラスに出来ればそれは非常に良いですが、残念ながらそうならないケースが多いと思います。

10万円を元手に取引を開始して、まずは20%、12万円のラインに株式価値を高める事を経験してみましょう。12万円に増えたら、次はさらに10%、13.2万円のラインを超えられるかやって見てください。このくらい増える経験を積んで初めて、20万円、30万円、50万円といった世界での取引に元手を増やす事。

もちろんあなたの経済状況が豊かならばもっと増やすことも可能でしょうが、通常であれば、短期運用の元手にまず30万円も投下できたとしたら上出来と思います。

まとめ

 

経験を積んでから元手を増やす。これが失敗しない必勝法です。

10万円の投資元手があれば、複数銘柄の運用も可能ですし、1銘柄を複数単位持って、買いタイミング、売りタイミングをずらす売り方や買い方も経験できます。

経験を積んで行くのが株式投資では極めて重要。ぜひ取り組んで見てください!

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

人気記事:月5万円で「1億円」を作る方法とは?

▼無料セミナー「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください