株の初心者がスイングトレードで勝つコツは、決して難しい事ではない。

 

「株で短期的に利益を出したい!」と思うのなら、スイングトレード!

なぜなら、初心者にとってデイトレードは難しいし、長期投資では利益確定が何年後かになるし、かといって投資信託では手数料が高いし短期利益は難しい、という事で“スイングトレード”が消去法として選ばれるという訳。

月に5万円、10万円と、利益を積み上げていき、取引額を大きくしながらスイングトレードを行っていくと、取引額の増加に比例して利益額も大きくなる可能性が高まるので、加速度的に資産が拡大する!ということも夢ではありません。

 

では、株の初心者が、スイングトレードで勝つためにはどうすれば良いのか?

この記事では、重要なコツを3つにまとめて、分かりやすく解説して行きます。

 

株初心者がスイングトレードで勝つコツ1 〜流動性が高く、値動きの幅がある銘柄を狙うこと

 

スイングトレードは、数日から数週間単位での、値動きの波を捉えて、その波に乗っていく事で儲けを出す手法。

だから、まずは大きな波に乗れるかどうか」が極めて重要。株価のダイナミックなリズムで動いているその時に、うまく流れに乗っていくことで利益は大きくなりますから、これを狙って行きましょう。

そして、寝動きの波を作っている投資家の数は多い方が良いです。なぜなら、取引している投資家の数が多いということは、売り注文も買い注文も活発ということなので、自分が売買したい価格で取引できる可能性が高まるから。スイングトレードは、基本的には市場が閉まっている夜の間に分析し、翌日の取引の注文を出すスタイルですので、自分が出した注文価格で翌朝、速やかに約定してくれる可能性が高い株、すなわち流動性が高い株がオススメなのです。

 

出来高ランキングに注目!

出来高が急増している株は、急に上がっているか下がっているか、どちらかの可能性が高いです。証券会社のサイトや、Yahoo!ファイナンスなどの投資情報サイトで、出来高についてはランキングで調べられたり、スクリーニング条件として設定できたりしますので、スイングトレードで勝つことを目指すなら、日々チェックされる事をお勧めします。

 

値上がりランキングを活用しスクリーニングする

当日、または数日など、期間別の「値上がりランキング」に登場する株はスイングトレードで狙うべき<値動きの幅>が大きくなっている可能性大! ランキングに登場している株の中で、出来高や、時価総額が大きい株式を選んでいくのも手。

東京直輝
別の方法として、25日移動平均線との乖離率をスクリーニングし、少し上に上がったばかりの株を狙う手法も効果的です。

 

株初心者がスイングトレードで勝つコツ2 〜トレンド分析に加えて「ファンダメンタルズ分析」もしっかりすること

 

チャートのトレンドから値動きの流れを掴めれば、成功する可能性は高まります。もう1つ、チャート分析にプラスして、会社四季報や会社の公式発表などを利用して、ファンダメンタルズもチェックする事で、失敗確率が少なくなるので、面倒くさがらずにチェックする事!

 

チャートのトレンドライン分析をする

波の中で、高値と高値、安値と安値、などを結んでトレンドラインを引きます。この傾向を分析する事で、株式が上下動を繰り返しながら、どちらの方向に向かっているかを読む事ができるので、この流れを理解しましょう。

 

ファンダメンタルズをチェックする

対象企業が決まってきたら、少なくとも「決算短信」「直近のプレスリリース」は要チェック。特に売上高、及び、当期純利益の業績傾向と、今期の業績予想がどうなっているか確認。もし、大きな値動きが何か特殊な要因で動いていたり、株価が業績動向からは解せない動きをしている場合、仕手筋などが参入していて初心者が手を出すと大火傷する相場になっている可能性も秘めていますから要注意。

東京直輝
決算短信は企業WEBサイトの投資家情報等のコーナーで入手できます

 

 

株の初心者がスイングトレードで勝つコツ3 〜自分の“売買ルール”を定めて徹底する

最初は「なんとなく」で投資する人はいないのですが、慣れてくると「カン」「雰囲気」などで投資したくなるもので、これが失敗の元となります。初心者がスイングトレードで勝つコツは、自分で売買ルールを決めて、それを堅実に守っていけるかどうかにかかっているのです。取引の結果から、自分で分析し、法則性を積み上げる事ができればかなりレベルが上がってきたという事。

勝つこともあれば負けることもあるのが株取引なので、常に精神的に安定して取引を行うためにも売買ルールを決めて行きましょう。

 

株の地合いをどう見るか? 例えば週末の持ち越しに関する考え方

週末は一度株を手放しポジションをニュートラルに持っていく投資家が多いため、金曜日の午後、相場が閉まる直前は下がる株式が一般的には多くなります。こうした傾向を踏まえ、「木曜日までに利益が出ている株は無理して週末は持ち越さず、金曜の朝の段階で利益確定する」など、地合いに関する考え方を決めておくと失敗が少なくなります。

 

損切りのルール

言わずもがなですが、思った方向と反対に行ってしまったときの「損切り」「ロスカット」はルールを決めて、アラート設定などをしておきましょう。後の祭りにならないように。株式投資で儲けを出すには「損しすぎない事」が極めて重要です。

 

まとめ

取引を繰り返して、コツを掴み、上昇気流に乗っていこう!

100%成功する投資はありませんが、経験を積んで失敗確率を下げていくことは出来ます。

 

今回ご紹介したコツを参考にしながらも、実際に取引を繰り返す中で事例を積み上げ、自分で検証していくと、徐々に自分なりの取引のコツが掴めてくるはず!

東京直輝
パターン研究が楽しくなってきたら、株式投資の面白みにハマってきたということですね!

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

▼セミナーで学ぶ「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください