スイングトレードに適した銘柄を選ぶコツ|流動性と値動きの予測

 

株のスイングトレードによる短期売買で利益を出していくには、どのような銘柄を選べば良いのでしょうか? 

 

株のスイングトレードとは、数日から数週間の値動きの波にのって、短期売買により利益を出していく手法です。現物取引で、ここから上がるというポイントでエントリーして値上がり益を確定していきながら、同じ銘柄で、値上がりによる利益確定売りと同時に、信用取引で空売りを行い、株価が下げる局面でも利益を出していくことも可能です。

 

日中、板に張り付くことができないサラリーマン投資家にとって、スイングトレードは欠かすことができない手法と言えます。デメリットとして、場を数日持ち越しますから、夜間や週末の海外相場などの影響による影響を受けてしまう可能性はありますが、しかし、日中張り付かなくても良いメリットの方がサラリーマン投資家には大きいでしょう。

 

スイングトレードに適した銘柄を選んで、日々の取引でうまく活用することで利益を重ねていくことが可能となります。この記事では、数ある銘柄の中でもスイングトレードに適した銘柄をどのように選んでいくべきか、そのコツを特集します。

 

スイングトレードに適した銘柄を選ぶコツ

 

流動性の高い銘柄を選ぶ

 

値動きの流れの中で売買していくスイングトレードにとって、流動性は極めて重要です。

皆さんも経験上、買おうと思って指値を入れたが急な値動きで買えずに終わったり、指値で売ろうとしたら急に株価が下がって希望価格で売り損ねてしまった、というような経験が1度や2度はあるのではないでしょうか? 通常、サラリーマン投資家の方であれば、場が閉じた夜間に分析して、翌日の寄り付きでの売買注文を出していくことが多くなると思います。その場合に、流動性が少ない株式銘柄を選ぶと、注文数が少し動くだけで株価が変動するため、思った価格でエントリーできなかったり、売れなかったりするリスクが出ます。

 

流動性が多いということは、出来高が大きいということになります。日経225(日経平均株価)に採用されている銘柄であっても、流動性が低い銘柄もありますから、時価総額がある一定程度(300億円以上がオススメ)ある銘柄や、流動性の特に高い「TOPIX100」や「TOPIX Core30」の構成銘柄などから選んでいくことが大切です。

 

分析する銘柄数を絞る

 

次に分析する銘柄数は絞りましょう。常に取引する銘柄として3〜5銘柄、自分の中で「値動きが予測できる」銘柄を持つことができるとスイングトレードはうまく行きます。予測できるとは、「今期の業績からすると売られすぎているな」とか「ここ数日は買われすぎで株価水準が高くなりすぎている」など、チャート分析が示している指標に対して、自分で仮説を持つことが出来るようなイメージです。

 

以下のような株式銘柄で分析対象とできる株式はないでしょうか。

  • 自分が働いている業界の株式銘柄
  • 自分がよく利用しているサービスを提供している企業の銘柄
  • 過去に取引した経験があり値動きがある銘柄

このような銘柄で、出来高が一定数ある銘柄を分析対象にできると、日々の値動きの理由について、企業ファンダメンタルズと合わせて理解することがしやすいのでオススメです。長期間同じ株式を分析し続けることで、さらにその目は養われます。

 

テクニカルでスクリーニングしてスイングトレードに適した銘柄を選ぶ場合には以下の項目でのスクリーニングをお勧めします。

  • 時価総額
  • 移動平均線乖離率
  • 信用倍率

スクリーニング条件はこちらの記事でも特集しています

 

 

エントリータイミングを間違わない

 

スイングトレードで利益を出していくためには、エントリーポイントを間違わないこと。

注意しておくべきはファンダメンタルズ分析からの視点で、その株価が市場での価格コンセンサスから離れすぎていないかをチェックしましょう。

 

オススメはPERが業界平均値や過去の水準と比較して高すぎ(低すぎ)ないかを見ていく方法です。PERの水準が市場コンセンサスより離れて行こうとしている場合、チャート分析からの値動き予測に反して株価が下がったりするケースもあります。

 

PERなどの水準が適正よりも上に買われている場合でも、出来高が伴ってその値動きが形成されているのであれば、大きく動く前兆である場合もあります。ブレイクアウトと呼ばれる状態で株価が急騰すれば大きく利益が出る可能性もありますから、出来高についても確認してください。

 

 

情報源を確保し、市場の流れは常に理解しておく

スイングトレードに適した銘柄を見つけるためには、これらのサイトのニュースやメルマガに登録し、株価の変動が大きい銘柄や、経済動向から注目が集まる業界などについての情報を常にチェックしておくことが重要。日経平均株価など、マーケット全体の数字指数も考えた上で、保有する企業の株式情報を統合させて先の個別株の予測をすることが重要です。

 

有料のサービスも利用する

 

スイングトレードに適した銘柄や、エントリーポイントの考え方などについて、具体的なメソッドや過去事例をもとに情報を提供してくれる有料サービスがあります。このような有料サービスも有効に活用することで、スイングトレードの勝率を高めていっていただきたいと思います。

まとめ

 

スイングトレードに適した銘柄を選ぶコツは、流動性が高いものから、自分にあった3〜5銘柄を絞り込むことができるかどうかにかかっています。

分析し続ける株式数は少なくし、ある程度長い期間、集中して分析して資産形成につなげて行きましょう!

 

東京直輝
スイングトレードで資産を増やすことが出来ると株式投資が面白くなります!  資産形成はバランスも重要なので、余剰資金でスイングをやりながら一方で積立投資も行うなど計画的にやって行きましょう

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!


サラリーマン投資家ランキング

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

▼お金の事を学んでみたいと思ったら

人気記事:オススメ!ZOOM無料「資産運用セミナー」を使いこなそう!

▼セミナーで学ぶ「お金の教養講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください